NO IMAGE

リアル(Real) 井上雄彦 1巻

  • 2021年1月25日
  • 2021年1月25日
  • 漫画
  • 1view

言わずと知れたスラムダンクの作者井上雄彦の”青年誌的バスケ漫画”

昔、古本屋で立ち読みして冒頭だけ読んだことがあって、校門でうんこしているシーンに若干引いて、なんとなく気には当然なっていたけど、ちゃんと読む機会もなく今日まで来た。

なんで読もうと思ったかは、わからないが、今の自分にはとても必要な作品であった。

読んでてマジでリアルに「リアルだな」と2、3回という言葉が出た。

主人公二人は過去に怪我や病気で挫折した経験がある中、登場人物のある一人は1巻内でそういう状態になった。彼がここから何を感じ、どうしていくのか、とても楽しみだ。

夏美にとてもバガボンドのおつうを感じて、同じ作者だなと思った。新海誠でも思ったが、作者の性癖というか、好みというか、恋愛的理想とでもいうのか。ヒロインにはそれが顕著に出るのかななんて思った。

この作品を読んだ時、自分より年下のはるかにすごいやつをたくさん見て、自分の情けなさだったり、ダメさだったり、雑魚さに分かってはいたが、とても下向きになっていた。だから、この作品を読んで、月並みでとても陳腐な感想だが、とても元気が出た。人と比べることではなく、もっと深い自分と向き合い考える気になった。

そこまで若くはないが、とりあえずはさして健康障害もない、五体満足、手も足も動く。

戸川清春と比べ、なんと恵まれているだろう。なんと幸福なことだろうか。

やりたくてもやれない奴がいる。その中で持ち得る武器で戦うしかないのだ。

広告
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

漫画の最新記事8件

>狂瀾怒濤

狂瀾怒濤

物情騒然