NO IMAGE

オーロラの彼方へ(Frequency)

  • 2020年9月12日
  • 2020年9月12日
  • 映画
  • view

初見。

めちゃよかった。後半一気にきたね。30年の時を同じくして(笑)戦闘。そして最後に息子に救われた命で息子を助けるという。

その後、父と子の理想像の一つに二人でキャッチボールというのがあると思うのだが、幼い頃に死んでしまった父と作れなかった思い出を作るという形で、最後はそこそこ年の入った(笑)息子と野球するというオチ。しかも、ヒットで出塁した親父をホームランで息子が返すという綺麗な形。飛んで行ったボールは校舎の窓ガラスではなく、ヤフーで儲けた金で買ったベンツという無駄のなさ。

ここまで感動するとは思わなかった。繰り返すが後半というか終盤だな。終盤すげえ良い。曲(When You Come Back To Me, Again)も合ってるとても良い。

一つの事象を解決すればいいってものでもなくて、二つ、三つとあるのがよかった。

色んな映画の影響を受け、色んな映画に影響を与えた映画だなと思った。そういう印象を受けるということは、パクるのは下手かな笑

仕事とか、野球とか、タバコとか”親子””家族”というものと親和性が高いものが多いからこそ、自然に感動できるのではないかな。家族愛、親子愛を題材にしたものなら、これを一番に推すね。

押し付けがましさ一切ないし。

名作。

広告
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>狂瀾怒濤

狂瀾怒濤

物情騒然