NO IMAGE

パラサイト半地下の家族 (寄生虫)(Parasite)

  • 2020年7月5日
  • 2020年9月10日
  • 映画
  • 2view

普通に面白かった。というのが感想。

だが、この映画をみて何か得るとか、伝えたいメッセージとか、そんなもんは考えてはいけない映画だなと。毒なんだけど、毒にも薬にもならんというか。ただの娯楽映画として見えば普通に楽しめたんではないかな。

でももしかしたら韓国の貧困問題とかを一応は描いてんのかな?しらんけど。

 

”パラサイト”していく過程が意外と丁寧で違和感もなかった。

原題は기생충と書いて、寄生虫らしい。絶対パラサイト半地下の家族よりも、寄生虫の方がふさわしい。邦題はクソとよく聞くが、ご多分に漏れず。

 

流血シーン

幸せな日常に異質なものが一匹紛れるあの感じは、よく妄想するんだが、よく出来ていたと思う。

パパンがあの金持ち父さんをぶっ刺すのは、ええ!!?っと少し驚いた。いい意味で。ここまでやったらイテマエ感は好き。

ジェシカが刺された時「お父さん押すからもっと痛い」なんていう台詞を吐くのだが、これがとてもよかった。なんていうかナテュラルで。人間性が出ててるし、不自然なようでむしろリアルがある。

 

ただ『奥様を愛してますもんね』と言われた時や、仕事だと思ってやってくれって言った時のダンナの態度とか、中途半端やなと思われるシーンが多々合った。カットしたのかな?

奥さんのことを性的な目でしかみてないってこと?

クソやろう感が足りん。

それだけじゃなく、片付けの途中に手を切ったジェシカとか、トンツーを解読した息子とか、何か中途半端というか、伏線になり得る色んなものを散らばせていて、よく言えば先が読めない、悪く言えば無駄が多い。前述のパパンが金持ち父さんぶっ刺すので、驚いてしまったのも、刺す伏線として弱かったからだ。だが、不思議と動機が弱いとか感じなかった。それは家内にゴキブリと言われて怒る演技?をした時など、随所に劣等感みたいなものを散りばめていたからではないかな。

・・てなことを書いてみると大きな伏線はないけど、よく考えれば、人が大きな行動を起こす時って、少しずつ積み重なったものが爆発するパターンも多いので、むしろとてもリアルなのではないかなと思いだした。狙ってやってんならすごいかも。

 

息子の語るエンディング、何をしても笑うようになってしまった自分、ジェシカの死とか。本当にこれで何を伝えたいかではなく、面白さ?っていうのかな、衝撃みたいなものを選択し陳列しているような、そんな感じさえした。

息子が立派になって、家購入して、パパン出てきてTHE END。かと思いきや、手紙を読み上げの息子でTHE END。

これも悪くない。本当にエンタメ?っていうか面白さ”だけ”でみたら。

一応実際の未来か、こんな息子がそんなことできるわけない、そんなハッピーエンドを迎えていいはずがないという解釈を持たせれるし。

一言で表すなら、面白いだけの映画だった。

二回目観てもいいかなとは思ったので、そこはさすがアカデミー賞最優秀といったところか。

エンディング

若干ボブディランイズム歌声と”思いきり吸い込むPM2.5″という歌詞に少し感心してしまい、何か合ってるぞと思ったが、それは最初だけであとは爽やかになりすぎてアカンわってなった。

 

『パラサイト半地下の家族』を観る

この記事は某配信サイトで初視聴直後に書いたものである。

広告
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

映画の最新記事8件

>狂瀾怒濤

狂瀾怒濤

物情騒然